手作り石けんと優しい暮らし
 

 

 
P1030276a.jpg


先週から風邪を引いてダウンしていました…
インフルエンザではなく、熱も出なかったのですが、とにかく身体がだるかった(涙)
動けないというか、動く気力が出ないのですよ…更年期か!?とマイナス思考になってみたり…
とにかく寝て寝て寝まくって、ようやく本調子になりましたよ!
やっぱり健康は何より大事!病気になると痛いほど痛感しますね~

さて、冒頭の写真は今日のおやつ。
羊羹とういろうです。コーヒーと一緒に♪

またやってる~と思ったあなた!そうです、またです(笑)
これは年始に作った石けん「あずきと日本酒」の石けんです。

「あずき」の方は以前にご紹介しましたので、今日は「日本酒」の方を。


P1030277a.jpg


水分の半量をアルコールをとばした日本酒とお湯で溶いた酒粕におきかえて作った石けんです。

日本酒にはアミノ酸や酵素、有機酸など100種類もの栄養成分が含まれていて、
肌の美白効果をはじめ様々な美容効果があると言われています。

とくに「コウジ酸」は老化を防ぎ活性化する作用を持つ物質として注目を集めています。

酒粕をお湯等で溶いたものをパックに使うと、シミ、ソバカスの改善や美白に役立つらしいですよ。
また、保湿・保温効果もあり血行もよくなるのでしっとりすべすべ、肌のくすみも消えてしまうらしいです。
酒蔵で働いている人には手や肌のきれいな人や色白美人が多いといわれていますもんね。

デザインはシンプルに、香りも敢えて付けず。
天然の色とほんのり酒粕の甘い香りをお楽しみください。

こちらの石けんはミニサイズで、あずき石けんとのセットで販売予定です。

 
スポンサーサイト

 

 

 

 
P1030251b.jpg


先週作った石けん。

紫根を使って「紫根マルセイユ」

「紫根」とは、「ムラサキ」という植物の根を乾燥させたもので、
古くから美肌や肌荒れに効果がある生薬として重宝されてきたものです。

優れた抗炎・消炎・抗菌・殺菌・保湿・新陳代謝促進(細胞賦活)作用があり、
数年前に「魔女たちの22時」というTV番組で取り上げられてからは大人気ですね。

その紫根を1ヵ月以上漬け込んでおいたインフューズドオイルとチンキを使いました。
オイルの配合はマルセイユベースです。


P1030257a.jpg


白色の部分はマルセイユソープ。色々なちびちびコンフェを宝石みたいに散りばめました。
紫色の部分が紫根を使ったもので完全天然色です。

この石鹸、作っている過程での色の変化がおもしろかったです。
紫根のインフューズドオイルは美しいワインレッドなのですが、
これに水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)溶液を混ぜると濃い紫色になるんです!

昔、理科の実験で紫キャベツを使ってやったのと同じで、
紫根にもアントシアニンという色素が含まれているからなんですねー。
中性~酸性で赤色、塩基性で紫~青色になります。

水酸化ナトリウム溶液を加えた直後は強い塩基性なので青に近い紫色になり、
完成した石鹸は少し赤みをおびた紫色になります。弱アルカリ性になったということですね。

理科の実験の様で楽しかったです♪

香りはラベンダー。やっぱり大好きな香りです。


+ + +


週末は息子の空手の初試合でした!
いやぁ~見ているこっちの方が緊張して疲れましたわ 笑

内部交流試合で、しかも同じレベルどうしが戦えるように細かくカテゴリー分けされていたので、
試合デビューとしてはいい機会だったと思います。

息子はみごと準優勝!
といっても、息子の出場したカテゴリーは4人対戦で、1回戦突破すれば決勝戦なんですけどね 笑

それでも1回勝てたことはすごいすごい!よく頑張りました。
勝てたことももちろんすごいけど、
試合に挑戦しようと一歩踏み出したことが一番ほめてあげたいところです!
稽古の時も、お腹にグッとパンチをもらってうずくまって泣いてしまうこともあるけど、
それでも一度もやめたいとは言わず頑張ってきた息子。ほんとうに空手が好きみたいです。

2回戦目は残念ながら判定負けしてしまい、悔し涙をながしていましたが、
初めて出場した試合でトロフィーと賞状をいただいて、最後にはとってもいい笑顔をみせてくれました。

普段はなかなか味わえない緊張感、勝った嬉しさと負けた悔しさ、
息子にとっても私にとっても、貴重ないい経験となりました。


 

 

 

 

 
P1030190.jpg


柚子酵素が出来上がりました。
とーっても綺麗な色。

今朝、水で薄めて飲みました。
おいしいぃー!あっと言う間になくなってしまいそう。

数年前から始めた酵素生活。
手作り味噌からはじまって、酵素玄米に塩麹、野菜と果物の生ジュースに酵素ドリンク…
ガッツリではないけれど、毎日の生活にちょこちょこっと意識して取り入れるようにしています。

そもそも酵素とは何なのか?

簡単に酵素講座~♪♪♪

「酵素」とは、生物が生きていく上で行う、消化、吸収、代謝、排泄や、新陳代謝など、ほぼ全ての「生命活動」において使われる非常に重要な「物質」です。

酵素は、体内で分泌される「体内酵素」と、食物として取り入れる「植物酵素」に分けられます。
「体内酵素」はさらに「消化酵素」「代謝酵素」に分けられます。

「消化酵素」は唾液や、胃液、腸液などに多く含まれ、食べ物を消化するのに使われます。

「代謝酵素」は、動き、呼吸、脳の活動、老廃物の排出、肌の新陳代謝、自然治癒力など、全ての生命活動に働いています。
この代謝がしっかりと行われていれば、身体には老廃物は溜まらず新陳代謝も活性で若々しくいられるのです。

これらの「体内酵素」が減ったり働きが弱くなってくると、病気になったり疲れやすくなったりお肌が老化したりするのです。


ここで大事なポイント!

これらの体内酵素は無限に作られ続ける訳ではないということ!

一生で作られる酵素の量には限度があるのです!

では、どうすればいいの?

酵素不足を解消、予防する為には、「食べ物から酵素をとること」が大切になってくるのです。

それが「植物酵素」です。

「植物酵素」を補って、酵素の節約、貯蓄をする訳です。

「植物酵素」を摂り入れて十分な酵素が体内にあれば、肌の新陳代謝や胃腸の働き、免疫力がUP、解毒(デトックス)され、
カラダ全体の調子が良くなり、代謝力も高く太りにくく、病気にもなりにくい、若々しい身体になるのです。


こんなにすばらしいもの!積極的に摂りたくなってきたでしょ 笑

では、どんなものに酵素は含まれているのでしょう?

味噌や醤油、漬物や納豆、キムチ、今話題の塩麹などの発酵食品には多くの酵素が含まれていると言われています。
その他、生の野菜や果物、魚などにも多く含まれています。

「生」というところがポイントです!

酵素は熱に弱く、48℃になると壊れはじめるそうです。
だから酵素を補おうとする時に加熱は禁物!

「酵素ジュース」は、生の野菜や果物から効率よく酵素を抽出することが出来る方法です。

ジューサーで絞った生の野菜や果物のジュースにも酵素は含まれます、
酵素を壊さずに絞れるジューサーを選ばないといけません。これ、結構高価です!
一台あれば手軽に酵素が摂れて、これはこれで便利なのですが、
でも、酵素の摂取率で言えば「酵素ジュース」には敵わないでしょうね!

「酵素ジュース」は作る手間はありますが、(簡単だけどね!)
一度作ってしまえば長く持つ、何よりその働きがすごいのです!

「酵素ジュース」は手で混ぜて作ります。

その時に手に存在する常在菌が混ざり培養されることによって、
微生物が「酵素」やホルモン、ビタミン類などを作り出してくれるのです。
微生物がの働きをしてくれるのです。

自分で作れば自らの常在菌の力を借りることになる為、
最も自分と相性の良い酵素ジュースになります。

子どもにも母親の菌が入ったものが一番いいらしいですよ!
これ以上カラダにいい飲み物ってない気がします。

これは毎日の生活に取り入れることをおススメしたいわ~

以上、プチ(プチじゃないって…長くてスミマセン…)酵素講座でしたー♪

酵素ジュースの良さをもっともっと多くの方に知ってもらいたいな。
春になったら「春の酵素作りの会」でも開催しようかな。
みんなで作ったら楽しそう♪考えてみよっと。


 

 

 

 

 
P1030184.jpg


関東地方、毎日乾燥してますね~。

石けんのおかげか、体は全くの乾燥知らずで保湿剤の必要もないのですが、
唇がカサカサ、とうとう皮がむけてしまいました。

こうなってくると、もう市販のリップクリームではダメですね…
久しぶりにリップクリームを作りました。

冬バージョンで!
ミツロウ、シアバター、生プルーンオイル、チェリーカーネルオイル

「生プルーンオイル」最近お気に入りのオイルです。
プルーンの種子から抽出されるオイルで、
ビタミンEがたっぷりと含まれていてエイジングケアオイルとして注目されているようです。

私はこの香りが大好き。
杏仁に似ている様な、とってもフルーティーで、これが天然の香りとは思えないほどなのです!
このオイルで全身マッサージしてもらったら最高だろうなぁ…

「チェリーカーネルオイル」は初めて使ってみました。
サクランボの種から抽出されるオイルです。
お肌の表面にバリアを作って外部からの刺激を和らげてくれるそうです。
リップクリームに最適でしょ!

これで冬をのりきるぞ!

 

 

 

 

 
P1030159a.jpg


羊羹を作りました。

ウソです(笑)

今年の第一作目の石鹸、「あずき石鹸」です。


P1030167b.jpg


こんな風にお抹茶と一緒に並べておいたら間違えてパクッと食べてしまいそう。
夫に試してみようかしら(笑)
それくらい羊羹にそっくり!

オリーブオイル、米ぬか油、パームオイル、ココナッツオイルのシンプル生地に
水分の半量を小豆の煮汁に変えて作りました。

小豆のつぶつぶ感を表現したのはグリセリンソープのコンフェ。
これがいい味だしてます。(笑)

香りは敢えて付けませんでした。素朴な石鹸を作りたかったの。


P1030112a.jpg


小豆にはサポニンという成分が含まれています。
このサポニン、肌のくすみや毛穴の黒ずみを落としてくれると言われています。

サポニンは水溶性なので、小豆の煮汁に多く含まれています。

小豆石けんを作る時に煮汁ではなく「さらしあん」を使っている方を多くみかけますが、
「さらしあん」って、煮た小豆を漉してそれを布巾で包んで水でさらしたものよね、
さらした後の小豆の粉、それも皮を除かれたものにサポニンがそれほど残っているとは思えないけどなぁ。どうなんでしょ?
まあ、サポニンの効能を期待せず、色付けが目的ならばいいのでしょうが、
何だかもったいない気がします…。
 

 

 

 

 
P1030106a.jpg


オリエンタルハーブ生薬と言われる
東洋のハーブを使った石けんです。
解禁日を迎えました。

ウワウルシ、ユキノシタ、ソウハクヒ、ハトムギ、ももの葉の成分を抽出させたオイルを
メインに使った石けんです。
同じ生薬で作った「チンキ」も入れました。

これらの生薬に含まれる有効成分は、市販の化粧品にもよく使われている成分です。
フラボノイド、アルブチン、ヨクイニン、エラグ酸、ポリフェノールなどなど…
どこかで聞いたことありますよね。

美白作用、抗酸化作用、抗炎症作用、保湿などに効果があると言われている成分です。

それらの有効成分がたっぷり含まれている石けんが「オリエンタルハーブ」です。
まさに美肌石鹸!


P1030108b.jpg


香りも東洋を意識して、ちょっとオリエンタルな香りに。
青森ヒバをメインに、柑橘系の香りをプラスしました。

「青森ヒバ」はヒノキのようなすがすがしい木の香りです。

ヒバオイルは100kgのヒバ材から、わずか1kgしか得られない貴重なものだそうです。
優れた抗菌性をもつ「ヒノキチオール」という成分が含まれていて、
カビなどの多くの菌に対する抗菌性が認められているそうです。
抗菌、カビ対策に1本持っていると便利な精油ですね。

ディフューザーで使用すればお部屋で森林浴できますし♪
イライラしている時にいいかも 笑。

 

 

 

 

 
P1030095.jpg


2012年、初石鹸はこれです ↑

手前はお正月のお屠蘇代わりにいただいた清酒のあまりと大吟醸の酒粕で作った「日本酒の石鹸」
奥のは鏡開きの時に作ったおしるこの煮汁で作った「あずきの石鹸」。

テーマは「THE・にっぽんのお正月」

デザインも、和な感じでシンプルに!
羊羹みたいで美味しそうよ~。

ミニサイズにして、日本酒とあずきの2個セットでご用意する予定です。

それぞれの石鹸の詳細はまた後日。


+++


週末、温泉一泊旅行に行ってきました。
寒いし、お正月の疲れをとりたいなぁ…と。
山梨県の石和温泉にある我が家のお気に入りのお宿「糸柳」さん。 (Click!)
運命的に一部屋だけ空きがありました!
もう行くしかないでしょ!と土曜日の朝決めました。(かなり衝動的 笑)

私たち夫婦は年に何度か衝動的に旅行に行きたくなる時があるのです。(一種の病気か!?笑)
年を重ね、だいぶ歯止めが効くようにはなりましたが…
それでもO型夫婦、後先考えずに「まぁ、どうにかなるっしょ!」、「人生一度きり楽しまなくっちゃ!」
なーんて楽天的(←というかノーテンキ)に衝動的な行動が多いのです。

でも、無計画に勢いに任せて行くと、だいたい後悔するのですよねー。
痛い想い出多々あります。それでも懲りないO型夫婦 笑

でも、やっぱりこのお宿は裏切らなかったわ!
4、5年振りに訪れたのですが、変わらず大大満足なお宿でした。

美味しいお料理ととろんとろんの温泉。湯上りにはビールやマッサージのサービス。
サービスもそうですが、何よりも心遣いが最高のお宿です。
子どもにもとっても優しくて、色々と気遣っていただきました。
小さい赤ちゃん連れでも安心して泊まれる宿ですよ。

正直出費は痛いですが(笑)、心の栄養の為に、たまには思い切って贅沢も必要ですね。
7歳の息子も気に入ったようで、また来週も行きたいと騒いでおります 笑。
さすがにそれは無理だけど、また行こうねって、頑張って貯金しようと家族で誓いました。



 

 

 

 

 
P1030069a.jpg


昨日1月11日は鏡開きでしたね。

我が家でもお供え餅を使っておしるこを作りました。

おしるこは手作りが一番好き。
甘さも好みで調節できるしね!

今年はきび糖を使いました。
優しい甘さで美味しかったです♪

挽きたてのコーヒーと一緒に。幸せ~♪
小豆とコーヒーの組合せ大好きです。

おしるこは家族みんな大好き。
たくさん煮たので、その小豆の煮汁で石鹸も仕込みました。
サポニンがたっぷり溶け込んだ石鹸!使うのが楽しみです。

 

 

 

 

 
P1030002.jpg


先日ご紹介した「柚子サワー」を作った時に取り除いた「種」。
実はこの種にはすごいパワーがあるんですよねー。
捨てちゃいけませんよ!

作り方は色々あるみたいですが、私はホワイトリカーと日本酒を使いました。

消毒した瓶に種を入れ、そこに約3倍量のアルコールを注いで、そのまま常温に放置するだけ。
数日でとろみが出てきます。
10日くらいすれば化粧水の素の出来上がり!
出来上がったら種を取り出して、化粧水の素は冷蔵庫で保存します。
原液をそのまま手足の荒れたところにつけてもいいですし、
精製水で2~3倍に薄めれば化粧水になります。

ペクチンという成分の効果で、保湿力抜群ですよ!


 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 mon chouchou*, all rights reserved.
まとめ

yuki

Author:yuki
自宅にて『手作り石けん』の教室を
開催しています。月替わりの石鹸、
ランチ付きのレッスンが好評です。
(管理栄養士です♪)
他にも、「パン作りの会」や
「手作り酵素を楽しむ会」、
「お味噌作りの会」など、
「食のワークショップ」も不定期に開催。

   【ホームページ】

  



【2月】
2月7日(火)「酒粕りんご石けん」 満席
2月8日(水)「酒粕りんご石けん」 満席
2月10日(金)「アロマ&サードメディスン」 満席
2月14日(火)「酒粕りんご石けん」 満席
2月15日(水)「酒粕りんご石けん」 満席
2月21日(火)「お味噌作りの会」 満席
2月25日(土)「酒粕りんご石けん」 満席
2月28日(火)「お味噌作りの会」 満席

【3月】
3月2日(木)「酒粕りんご石けん」 満席
3月3日(金)「酒粕りんご石けん」 満席
3月10日(金)「酒粕りんご石けん」 満席
3月14日(火)「お味噌作りの会」 満席

サードメディスン・チェック
 日程をご相談ください。

はじめまして (1)
手作り石けん (74)
手作り石けんの会 (273)
オーダー母乳石鹸 (8)
web shop (5)
石けんの材料 (4)
ナチュラルクラフト (18)
ラッピング (3)
レッスンスケジュール (48)
酵素シロップ (9)
手作り酵素を楽しむ会 (23)
食を楽しむワークショップ (43)
パン作りの会 (67)
お気に入りのもの (7)
美味しいもの (60)
日々の暮らし (53)
お出かけ (84)
子ども (31)
イベント (12)
アウトドア (14)
畑 (10)
未分類 (105)
mon chouchou* cafe (22)
サードメディスン (9)
手作りを楽しむ (2)

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
手芸・ハンドクラフト
171位
アクセスランキングを見る>>

お問い合わせはコチラからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR